稚加榮 田原義太慶様

キャッシュレス時代に対応した決済の導入で利便性向上

料亭

稚加榮 田原義太慶様

博多にある稚加榮(ちかえ)様は、地元でも有名な料亭です。その料亭が手がける明太子や和牛肉まんなどをオンラインショップで販売しています。とくに先代が開発した、料亭の明太子はその代表格。観光客のお土産としてはもちろん、オンラインショップの看板商品として根強い人気を誇っています。現在、稚加榮様のオンラインショップでは、当社のクロネコwebコレクト(クレジットカード決済)、宅急便コレクト(代金引換決済)をご利用いただいています。代表取締役社長の田原義太慶(よしたか)様にお話をうかがいました。

料亭だからこそのこだわりをオンラインショップでも

 稚加榮様がEC・通販をはじめたのは、約20年前。全国のお客様からのリクエストに応えてスタートしたそうです。
「私たちのオンラインショップは、『料亭の味をご家庭でも』をコンセプトにしています。料亭にいらしたことのないお客様にも、しっかり料亭を感じていただくことを大切にしています。梱包もかなり丁寧にやっており、本当に料亭を家庭で感じられるような味と質を目標としています」(田原様)
稚加榮 代表取締役社長 田原義太慶様

稚加榮 代表取締役社長 田原義太慶様

そんな稚加榮様の主力商品が明太子です。博多と言えば誰もが思い浮かべるポピュラーな商品だけに、そこには料亭としてのこだわりがあります。
「やはり多くのメーカーさんがいる中、何をベースにしているのか、どういった明太子なのか、背景にあるストーリー伝えることが一番大事だと思っています。明太子屋が料亭をやっているのではなく、料亭が明太子屋をやっている。そこを伝えるために、料亭の紹介とオンラインショップを同じEC・通販サイト内で内包して、入り口は料亭で、そこからオンラインショップに遷移できるような見せ方にしています」

稚加榮を理解してくれている営業担当だから任せられる

オンラインショップでは、明太子のほか、ピザや和牛肉まんなどもラインナップ

オンラインショップでは、明太子のほか、ピザや和牛肉まんなどもラインナップ

田原さんは、ヤマトフィナンシャルの営業担当に対して、稚加榮様のことを熟知したうえで提案してくれていることを評価しているとおっしゃいます。
「好印象だったのが、私たちの会社のことをしっかり把握してくれていることです。実際に、料亭でお食事もしていただいていました。外から見たビジネスパートナーとしてだけではなく、中から一人のお客様としての視点でアドバイス、提案をしていただいたのは、非常に大きかったですね。もちろん『ヤマト』という大きな看板も信用につながっています。決済においても入金サイクルの早さであったり、利便性の高さであったり、安心して任せられるポイントだと思っています」

稚加榮様のお客様では、クレジットカード決済の需要がとくに高いそうです。
「現在、クレジットカード決済がほとんどです。やはりキャッシュレスの時代になってきているのを感じます。コンビニの決済のご提案もいただいておりますが、まだ、当社のお客様には早いようにも感じています。これから、お客様からコンビニの決済をリクエストされる声が上がれば、どんどん採用していこうとは考えております」

この先もヤマトフィナンシャルには、EC・通販のパートナーとして期待していると田原さんは言います。
「オンラインショップのお客様が、これまで以上に増えてきたら、いろいろできることがあると思っています。信頼性の高いヤマトグループの看板をしっかり持っていただいて、お互いに良い関係を保ち、長く続けていきたいと考えています。これからのオンラインショップの展開やコスト面など、ざっくばらんな相談ができる点は、心強いと思っています」

新たな世代のお客様に向けた提案がオンラインショップにも必要

「慢心せず、常に新しいアピールを考える」(田原様)

「慢心せず、常に新しいアピールを考える」(田原様)

三代目として稚加榮を切り盛りする田原さん。お客様の世代交代も視野に新たな魅力の発信に取り組んでいます。
「稚加榮という名前は地元で知られるような存在として、成長したとは思っています。ただ、私が代替わりで代表になったように、お客様もそろそろ世代交代していくタイミングです。先代の時、親世代がご利用になったというお客様が増えてきます。そういう状況をふまえて、これまでの名前にかまけて、慢心することなく、新しい世代のお客様に向けたアピールが必要です。そのためにオンラインショップの変革、新しいブランドの展開などに取り組んでいます」

田原さんが意識しているのは、「新しい料亭の使い方」をアピールしていくこと。
「具体的には料亭としての新たな商品開発です。明太子自体が業界全体として、ちょっと下り坂傾向です。実は明太子は売上のほとんどを贈答が占めています。今、その贈答の文化がなくなってきています。一方、一人でも少人数でも家庭でしっかり食べられる、そういった利便性が求められていると実感しています。そこに向けて新しい商品開発や、明太子を食べるシーンを私たちが作らないといけない。料亭として、オンラインショップとして、そういった提案を大事にしようと思っています」

博多料亭稚加榮 オンラインショップ

福岡・博多の和食、会席料理

博多料亭稚加榮 オンラインショップ

https://chikae.co.jp/ec/

明太子を中心に料亭の味を家庭にお届けするEC・通販サイト。

お問合わせ

ヤマトフィナンシャルではEC事業に関するご相談を承っております。


現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響にともない、お電話が繋がりにくい状態が続いております。
「お問合わせフォーム」や「よくあるご質問」のご利用もあわせてご検討いただきますようお願い申し上げます。

受付時間 9:00〜18:00

お問合わせお問合わせ