AXCIS 筒井啓仁様 山田直輝様

効率的な広告運用で、オンラインショップへの集客を改善

雑貨、照明、家具

AXCIS 筒井啓仁様と山田直輝様

AXCIS様は、岡山市にある雑貨、照明、家具のメーカーです。実店舗では自社商品に加え、アンティークやヴィンテージも扱っています。オンラインショップでは、リニューアルを機に自社商品の専売にシフト。そこで広告の重要性を感じ、広告運用自動化ツール「Shirofune(シロフネ)」を導入したそうです。代表取締役社長の筒井啓仁様、オンラインショップ管理の山田直輝様にお話をうかがいました。

お客様に生活を豊かにできる提案を

2020年に創業32年目を迎えるAXCIS様。現在は、メーカー、小売り(セレクトショップ)、ガーデン事業、そしてEC・通販サイトを柱に事業を展開しています。
「創業者(現オーナー)は、バックパッカーのように世界中を飛び回っていて、あるとき、『ラガディ・アン&アンディ※1』というアメリカの人形の版権を手に入れました。その人形販売がAXCISの基盤になっています。2000年頃から本格的にメーカーとしてモノづくりが始まり、2002年にホームステッドを発表しました。」(筒井様)
株式会社アクシス 代表取締役社長 筒井啓仁様

株式会社アクシス 代表取締役社長 筒井啓仁様

※1:アメリカの国民的キャラクター。アメリカの絵本作家、イラストレーター ジョニー・グルエル(1880年~1938年)の絵本に登場する。毛糸の髪の毛と赤い三角の鼻が特徴の布製の抱き人形。

その後、2009年に直営ショップの「axcis nalf」を、2011年にヴィンテージ家具を扱う「AXCIS CLASSIC」をオープン。当時はオンラインショップでも実店舗と同じ商品を扱い、店頭で商品が売れたらオンラインショップからデータを消すというアナログの運用をしていたそうです。
「実店舗のスタッフで全部まかなっていたので、オンラインショップでまとまった注文があると太刀打ちできなくなりました。時代の流れからもオンラインショップは絶対に必要だと思ったので、システムの導入と運用チームの独立に着手して、リニューアルに取り組みました」(筒井様)

リニューアルの着手は3年ほど前、筒井様が三代目の代表になってからでした。会社として、メーカーとして、何をお客様に伝えるか。多くの議論を重ね、生まれたのが「ひと手間と、その先。」というコンセプトワード。オンラインショップでも、そのコンセプトを訴求できるよう、自社商品だけを扱うようにしたそうです。
「考え方と表現は、必ず連動していないといけないので。『販売して終わり』ではなく、リピーターにつなげ、AXCISのファンづくりにつなげていくためにも、もっと打ち出していきたいですね」(筒井様)

コストをおさえた広告運用で効果を実感

オンラインショップのリニューアルをする際、懸念していたのは集客力の低下だったそうです。
「カートシステム自体が入れ替わるので、SEOですとか、集客の部分が課題になるだろうと予測していました。『広告を使った集客をやらないと!』と思っていたころ、ヤマトフィナンシャルからいろいろなご提案を受けました。Shirofuneを選んだのは、私たちの体制と一番マッチするだろうと思ったからです」(山田様)

AXCIS ONLINEの管理・運用を行っている、山田直輝様

AXCIS ONLINEの管理・運用を行っている、山田直輝様

広告の効果が実感しはじめたのは、導入から2〜3か月がたったタイミング。
「まずは売れ筋の商品から広告を始めました。月の広告費は3万円、1商品あたり5,000円くらい。3か月の間にクリック単価がどんどん下がりました。最初30円、40円あったようなクリック単価の商材が、最も良い時期で1円とか3円ぐらいまで下がったんです。そこからアクセスも急激に上がり、『やっぱり広告は出した方がいいな』と、効果をとても実感しました」(山田様)

運用コストも抑えられていると山田様は感じているそうです。
「1日15分の運用でいい、という謳い文句どおりですね。担当も私1人。検索キーワードの中でAXCISと関係のないものは除外するとか、単価の高いキーワードを除外するとか、Shirofuneが提案してくる優先度の高い改善を実践していくのが基本ですね。あとは時間が経てば、同じ商品でも広告を複数パターン用意して出稿していくとか。自分でアカウント作って、GoogleやYahoo!の広告をやろうとしたら、半日ぐらいPCに張り付くこともあるだろうし、Shirofuneで運用コストとしてはかなり抑えられていると思います」(山田様)

オンラインショップを成長させるために、外部からの情報や意見を活かす

AXCIS様にとって、ヤマトフィナンシャルは「決済サービスの会社」以上の存在になっているとおっしゃいます。
「正直なところ『決済サービスだけの関係性かな?』というイメージがあったんですけど、営業担当が定期的に連絡をくれたり、足を運んでくれたり、決済と関係ない情報もたくさん提供してくれたり。ときには、『今のトレンドに対してAXCISはどうすべきか』といった深い部分まで入り込んで、コンサル的なアドバイスもしてくれます」(山田様)
AXCIS 筒井啓仁様と山田直樹様

「サービス以上のサービスをしてくれる」と、ヤマトフィナンシャルの営業担当を評価

「そういう点では、AXCISをかなり変えてもらったと思います。私も先日、ヤマトフィナンシャルのセミナーに参加させていただいたのですが、学ぶことが非常に多く、社内に共有することでオンラインショップの運用力底上げになっています。また、社内の人間の声より、外部の人間の声のほうが、現場やオーナーに響くこともあるので、『私が言いますから!』と前のめりに言ってくださることもあって。本当に頼もしいパートナーだなと思っています」(筒井様)

岡山市にあるインテリアメーカーAXCISのオンラインショップ

岡山市にあるインテリアメーカーAXCISのオンラインショップ

AXCIS ONLINE (アクシスオンライン)

https://axcis.jp/

「ひと手間と、その先。」をコンセプトに、ナチュラルな暮らしに寄り添う家具や雑貨、インテリアを提案するオンラインショップ。

お問合わせ

ヤマトフィナンシャルではEC事業に関するご相談を承っております。
お電話でもお問合わせいただけます。お気軽にお問合わせください

受付時間 9:00〜18:00

お問合わせお問合わせ