ネットショップ「セキュリティのキホン」

はじめてネットショップを開業される方へ、セキュリティの重要性についてご説明します。

ネットショップにおけるセキュリティの必要性

  • Qなぜセキュリティ対策が必要なのか?

    • A

      ネット通販では実店舗での販売と比べてカード不正利用での被害リスクが高いんです。

      被害総額内訳の約6割が番号流用
  • Qなぜネットショップが被害額を負担するのか?

    • A

      購入者様より、「クレジットカードで支払った覚えがない」と申し出があり、購入者様に商品が届いていない場合は、ネット通販事業者様による「購入者様の本人確認が不十分であった」と判断し、1度ご入金した該当金額を返金いただく必要があります。

      実店舗販売での対面支払いとインターネットを含む非対面でのお支払いの違い

3Dセキュア・セキュリティコード導入によるメリット

3Dセキュアとは

「3Dセキュア」とは、クレジットカード番号、有効期限に加え「インターネット専用のID・パスワード」を購入者様に入力していただく仕組みです。「3Dセキュア」の導入により、不正利用のリスクを最小限に低減できます。購入者様にも貴社とのお取引があんしんなものであるという信頼感を与えることができます。
国際カードブランド「JCB」、「VISA」、「Master」が採用しています。

3Dセキュア利用の決済は安全で安心な認証です

セキュリティコードとは?

「セキュリティコード」とは、クレジットカードの裏面または表面に記載された3桁もしくは4桁の番号です。
コードは券面上だけで確認でき、クレジットカードの磁気情報の中に含まれていません。スキミング等でカード番号や有効期限を第三者に盗まれても、不正利用を防げる方法として有効です。

カード裏面の末尾3桁またはカード表面の4桁の数字がセキュリティコードです

高セキュリティな環境であんぜんなお取引をお約束します

購入者様のカード情報は貴社に代わってお預かり。
世界基準のセキュリティ審査を通過したデータ保存環境で大切な情報をお守りします。

ヤマトグループの高セキュリティ環境