オンライン決済導入の流れ

オンライン決済は「ECのキホン中のキホン」となっています。オンライン決済の導入の流れをご紹介します。

もくじ

オンライン決済

インターネットが広く利用されるようになった今、オンライン決済は非常に便利な決済方法として多くの人が利用しています。オンライン決済は自宅のパソコンやスマートフォンなどから手軽に支払いを済ませることができるので、利便性が高いといえます。

そんな風に利用されやすいオンライン決済ですが、どういった流れで導入するのかはあまり知られていないものです。オンライン決済を導入するまでには、どのような流れがあるのでしょうか。
そこで今回は、オンライン決済を導入するまでの流れを簡単にご紹介します。

POINT1:オンライン決済を導入するまでの流れ

オンライン決済導入

オンライン決済を取り扱っている会社はいくつかありますが、その導入までの流れは大きく変わることはありません。

オンライン決済を導入する場合、まずは見積もりを依頼します。導入コストや維持コストはホームページに掲載されている場合もありますが、個々のサイトによって微妙に異なる部分もありますし、手数料などの見積もりも必要となります。
見積もり内容に納得ができれば、サイトの審査申請をします。取り扱う商品によってはオンライン決済を利用できない場合もあるため、契約前に審査が行われます。
契約後は実際にシステムを構築し、一定期間テストを行います。システムはHTMLの編集だけで終わるものもあれば、独自のサーバとの通信を必要とするものなど各社によってさまざまです。テスト期間では実際にテスト決済などを行い、正常に稼働するかどうかを調べます。
そうして最終テストが完了すれば、オンライン決済の導入は完了となります。

POINT2:オンライン決済が導入できないケース

オンライン決済が導入できない

前項でも少し触れましたが、オンライン決済は取り扱う商品によっては導入できない場合があります。この取扱不可商材にはさまざまなものがあるので、一部ご紹介します。

まず、金融関係があげられます。たとえばクレジットカードの現金化やFX情報などがこれに当てはまります。同じくお金が絡むものとしては、オンラインゲーム等のリアルマネートレードやオークションサイトの運営、換金性のあるポイントの購入といったものがあります。商品券やプリペイドカード、有価証券、タバコといった専売品も同じく取扱不可となります。
また、公序良俗に反するものも取扱不可になります。出会い系サイトなども含めたアダルト関連、銃刀法・麻薬取締法・ワシントン条約など法律や法令に違反するもの、著作権を侵害する可能性のあるものなどがあります。このほか、宗教関連商材などもNGとなります。
これらに該当しない場合であっても、各社によって取扱不可になることもあります。

POINT3:安全にオンライン決済を導入するための会社選び

オンライン決済は多くの人が利用し、集客率も上げることができる便利な決済方法です。しかし、オンライン決済にはクレジットカードの不正利用などリスクもあるので、しっかりとした代行業者を選ぶ必要があります。
では、代行業者を選ぶ際にはどのような点に気をつければいいのでしょうか。

注目したいのは、セキュリティ基準です。
セキュリティにはさまざまな基準があり、それを満たしていると第三者機関などから認証を取得することができます。この認証を取得しているということが、一定以上のセキュリティ基準であることの証明になります。

最も聞き覚えがあるものは、プライバシーマークでしょう。プライバシーマークは日本情報経済社会推進協会が審査・認定している制度で、主に個人情報の取り扱いに関する認証を受けることができます。
PCI-DSSはクレジットカードの会員データを安全に取り扱うことを目的として作られたもので、MasterCard、VISA、JCB、AmericanExpress、Discoverの5つの国際カード会社が共同で設立した協議会によって運営されています。

このほか、ISMSというという組織や企業の情報セキュリティに関する認証もあります。こういったセキュリティ基準を満たしている会社であれば、ある程度安心して利用できるでしょう。

まとめ

  1. オンライン決済を導入するまでの流れを簡単紹介!
  2. オンライン決済が導入できないケースがあることをお忘れなく!
  3. 安全にオンライン決済を導入するための会社選びはとても重要!

ヤマトフィナンシャルの決済代行サービスはこちら

いかがでしたか?

ヤマトフィナンシャルのクレジットカード決済なら、3Dセキュアは標準装備のため、オプション料金不要です。
これからも、おさえておきたいECのきほん情報をお伝えして参ります。

ぜひご期待ください!

ヤマトフィナンシャル通販サポーター

ヤマトフィナンシャルのサービスはコチラ