代引き手数料の意味は?なぜ必要なのか?
いまさら聞けない代引き手数料の基本について

代引き手数料とは、商品を届けると同時に、商品代金などを回収する「代金引換」(通称代引き)を利用する時のサービス利用料のことです。ここでは、代引き手数料の意味や、なぜ手数料が必要なのか、その裏側にある仕組みを含め、あたりまえのように思われている代引き手数料の基本について、徹底解説します。

 
 

代引き手数料の定義

代引き手数料とは、商品を届けると同時に、商品代金などを回収する「代金引換」(通称代引き)を利用する時のサービス利用料のことです。
代引きで商品を発送すると、モノの動きと同時に、実は、カネの動きを監視・精算する枠組みが存在します。また代引きサービスが普及するにつれ、購入者の利便性を高める目的で、現金だけではなく、クレジットカードや電子マネーで代引きの支払い手段を増やすよう、進化してきています。
このような仕組みを利用する対価として、代引き手数料が発生しますが、これについてものちほど詳しく解説します。

 

代引き手数料はなぜ発生するのか?

購入者からみると、代引きは、現金やカードで配達業者に代金を渡す程度のことかもしれませんが、実は、その裏側には、あまり明かすことのないきめ細かな決済スキームがあります。

代引きの裏にある、物流に伴う決済スキーム

下記二つの2ケースを持って、代引きの裏側の決済スキームを説明します。

  • ケース1. 購入者aさんは、ネットショップAで、商品を代引きで購入。
  • ケース2. 購入者bさんは、ネットショップBで、商品を代引きで購入。

このように商取引や売買が成り立つと、代引きのスキームは商品発送とともに機能し始めます。

代引き手数料,仕組み

配達業者がそれぞれaさんとbさんへ荷物を配達する際の、カネの動きを解説します。

  • ケース1. 回収した「代引きA」のお金が、配達店に一時保管。
  • ケース2. 回収した「代引きB」のお金が、配達店に一時保管。

その後、一時的に配達店に保管していた「代引きA」と「代引きB」のカネは、決済代行会社に移ります。

  • ケース1. ネットショップAは、代引きで販売した代金を月1回にまとめて入金を希望。
  • ケース2. ネットショップBは、代引きで販売した代金を週1回にまとめて入金を希望。

決済代行会社は、きめ細かく、正しく精算し、ネットショップAとネットショップBの指定に従い、それぞれ月1回、週1回のサイクルで正確な金額を入金します。入金額は、「代引き手数料Aの分」と「代引き手数料Bの分」を差し引いたものとなります。決済代行会社は、代引き手数料を受け取ることにより、業務遂行をしているのです。

代引き手数料は、決済スキームの維持費

ここでは代引きのスキームを分かりやすく解説するため、販売者の例として、ネットショップA、Bの2社を挙げましたが、実際、販売者となるネットショップ・小売店・工場等は、数十万規模で日本各地に所在しています。それぞれが異なる入金サイクルを希望したり、同会社の部門や支店別に異なる入金ニーズを持ったりしているため、様々な対応が必要となります。

代引き手数料は、このようなスキームを日々正常に機能させるための維持費である、と言っても過言ではありません。

「代引き」とはそもそも何か?似て非なる「着払い」との違いを含めた詳しい解説はこちら

 

代引きを利用する際によくある質問

代引きは30年ほど前から宅急便サービスの普及と共に、物流を伴う決済方法として日本で広がってきました。今日の通販業界の1/4を占めるほど、日本では身近な物流系決済手段です。

このように、あたりまえの存在に思えますが、いざ使ってみようとすると、いろいろな疑問が出てきます。この章では、代引きに関わるよくある質問と回答をまとめてみました。

質問1.代引き手数料が複数発生するか?

代引き手数料は、回収金の総額に応じて発生します。複数の商品を代引きで購入する場合、発送の回数と回収金の総額によって、代引き手数料が変わります。
例えば、1万5千円のトップスと、2万8千円のズボンを代引きで購入する場合、商品2点をまとめて同梱発送する場合と、別々に発送する場合の代引き手数料は、下記のようになります。

発送パターン 同梱発送 2回に分けて発送の場合
商品代金 43,000円 15,000円 28,000円
送料 1,000円 1,000円 1,000円
代引き手数料 432円 324円 324円
回収金の総額 44,432円 16,324円 29,324円
代引き手数料・合計 432円 648円(2回分)

※現金で支払う状況を想定します。

※送料は全て1,000円だと仮定します。

 

回収金の総額に応じて代引き手数料は変わります。詳しい料金表の参考はこちら

質問2.代引き手数料はなぜ店によって異なるのか?

シンプルに説明すると、代引き手数料の購入者負担額は、販売者が自由に決めることができるためです。販売者のポリシーによって、購入者の負担額が異なってくるため、店によって「代引き手数料が無料」で全額販売者負担になったり、「代引き手数料は一律250円」等、一部販売者負担になったりします。

 

販売者必見・代引き手数料を無料に設定しても儲かる方法とは?詳しくはこちら

 

代引きでカードを使いたい場合

ネットで高額商品を買いたいとき、代引きでカードを使えたなら、現金の用意をする手間が省け、とても便利だと思いませんか?
カードで代引きの料金を支払いたい場合、販売者と決済代行会社の間に、代引きでのクレジットカード決済や電子マネー決済の事前契約が必要となります。一度、販売者にお問い合わせされることをおすすめします。

 

商品を届けてクレジットカード払いの詳細はこちら

商品を届けて電子マネー払いの詳細はこちら

 

まとめ:
いかがでしたか?代引きサービスを利用する際に、購入者側か販売者側、もしくは双方が負担する「代引き手数料」があります。しかし、それがあるからこそ、代引きサービスはスムーズに機能しているのです。販売者の方も、購入者の方も、「手数料がかかるから損じゃないか」なんて思わずに、その中身をよく知り、納得して代引きサービスを利用しましょう。

 

このコンテンツを読んだ方のお役に立てそうなテーマ

 

ネットショップ担当者必見・3分で分かる三大決済「クレカ・代引・コンビニ後払い」の導入メリット

 
 

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00

0120-69-5090

携帯電話からご利用のお客様 03-6671-8080