ネット通販の支払い方法一覧&
最初にネットショップに導入すべきもの

ネット通販は、対面しなくても買い物ができ、とても便利です。また、その支払い方法も、ユーザーのライフスタイルに合わせたものが選択できるという点で、ネット通販の強みだと言えます。幅広く、各世代の購入者を取り込むには、多種多様な支払い方法を導入することも、重要なポイントのひとつだと言えるでしょう。支払い方法には、カード番号を入力するだけで、その場で決済ができるクレジットカード払いや、スマホ料金と一緒に支払いができるキャリア決済などがあります。

ネット通販の支払い方法

 
 

ネット通販の支払い方法まとめ

それではまず、それぞれの支払い方法を説明します。特徴とメリット・デメリットを挙げていきますので、参考にしてみてください。

支払い方法:1.クレジットカード

クレジットカードに記載されたカード番号を入力して、承認されればその場で決済が完了する支払い方法です。
購入者側のメリットは、その場で金銭のやりとりが発生しないため、現金を持っていなくても購入できることや、クレジットカードのポイントがついてお得なことなどです。
逆に、デメリットは、未成年や年配者など、カードを持っていない人は利用できないことや、ネット上にカード番号を入力するため、セキュリティ面での不安が生じることなどが挙げられます。

一方、販売者側のメリットは入金を待つ必要がなく、振込着金までの待ち時間が削減でき、発送までのリードタイムを短くできることです。
逆に、デメリットは、導入までに時間がかかること、決済手数料が発生することが挙げられます。

クレジットカードの場合 購入者 販売者
メリット ・現金がなくても購入可能
・クレジットカードのポイントがつく
・入金を待つ必要がない
・発送までのリードタイムが短い
デメリット ・未成年などカードを持っていない人がいる
・カード番号流出等セキュリティ面の不安
・導入までに時間がかかる
・クレジットカード手数料が発生する
 

支払い方法:2.代金引換

商品の到着と引き換えに、代金を支払う決済方法です。
購入者側のメリットはカード番号を入力せずに済むことや、商品と引き換えに支払いができるため、不着などのトラブルが少ないことです。
デメリットは、留守中に荷物が届いても宅配ボックスなどを利用できないことが挙げられます。

一方、販売者側のメリットは、支払いを待たずに発送できることや、確実に代金回収ができることです。
しかし中には、注文しながらも受け取らない顧客がまれにいます。一定期間を過ぎても、商品が受け取られなかった場合は、販売者に返送されるため、往復の送料と代引き手数料が発生してしまいます。特に食品などの期限があるものは、期限内に受け取ってもらわなければ、破棄になってしまう可能性もありますね。

代金引換の場合 購入者 販売者
メリット ・カード番号の入力が不要
・商品と引き換えに支払いができ安心
・支払いを待たずに発送できる
・代金回収が確実である
デメリット ・留守中に荷物が届く可能性がある ・受け取りがない場合、商品返送時に費用が発生する
 

支払い方法:3.コンビニ払い(コンビニ・オンライン)

商品購入後、販売者はコンビニ収納代行会社へ、注文内容データを送信し、コンビニ収納代行会社から発行された「受付番号」を購入者に通知します。購入者は通知された番号を元に、コンビニエンスストアで代金を納める支払い方法です。

 

コンビニ決済

購入者側のメリットは、忙しくても、24時間営業しているコンビニでいつでも支払いができることです。
しかし、近くにコンビニがない場合は、逆に不便かもしれません。

一方販売者側のメリットは、振込があると、コンビニ収納代行会社から通知がくるため、振込確認の手間が省けること、また、カードや銀行振込は利用したくない客層を取り込めることです。
デメリットは、コンビニ店舗によって、購入者がお支払いされてからの入金確定日が異なるため、運用の手間がかかる可能性があることです。

コンビニ払いの場合 購入者 販売者
メリット ・24時間、都合の良いときに支払いができる ・振込確認の手間が省ける
・より多くの購入者層を取り込める
デメリット ・近くにコンビニがないと不便 ・運用の手間がかかる
 

支払い方法:4.後払い(払込票式)

注文が入ると先に商品を発送し、購入者が内容を確認してから代金を支払う方法です。
購入者側のメリットは、先に商品を確認できるため、納得して支払いができること、また、支払いまでに時間があるので、給料日後など支払いを調整できることです。
しかし、先に商品が届いてしまうので、うっかり入金を忘れる可能性があります。その他のデメリットとして、後払いサービスでは、商品価格が30万円まで等、上限が設定されている場合もあり、あまり高額な商品は購入できない点が挙げられます。

一方、販売者側のメリットは、顧客の信頼を得られやすいことや、決済代行会社が代金を回収してくれるため、入金確認など事務処理の負担が軽減されることです。
デメリットは、顧客の入金忘れや、意図的に支払わないなどのリスクがあることです。

後払いの場合 購入者 販売者
メリット ・商品を確認してから支払いができる
・商品を購入してから支払いまで時間がある
・顧客の信頼が得られる
・事務処理の負担が軽減される
デメリット ・入金を忘れるリスクがある
・上限金額が設けられている場合がある
・代金回収不能のリスクがある

代金回収不能リスクに補償付きクロネコ後払いサービスの詳細はこちら

 

支払い方法:5.キャリア決済

スマホなどモバイル端末上で買い物をした際、月々の携帯代金に商品代金を含めて支払う方法です。

 

キャリア決済

購入者側のメリットは、1クリックで簡単に購入できること、また、銀行やコンビニへ行く必要がないことです。
デメリットは、携帯代金と共に請求されるため、いくらの買い物をしたのか明細管理がしづらいことや、現金を扱う感覚が薄れやすく、使いすぎてしまいやすいことが挙げられます。

一方、販売者側のメリットは、モバイル端末を持っている全員がユーザーとなり得るため、年齢層が幅広く、潜在顧客が多いこと、また、カードを持たない未成年層を取り込みやすいことです。
デメリットは、キャリアごとに仕様が異なるため、管理が煩雑になることや、手数料が他の決済方法よりも高くなることが挙げられます。

キャリア決済の場合 購入者 販売者
メリット ・1クリックで購入できるため簡単
・銀行やコンビニなどへ行く必要がない
・ユーザーの年齢層が幅広く、多い
・カードを持たない未成年層を取り込みやすい
デメリット ・携帯代金と共に請求されるため明細管理がしづらい
・現金を扱う感覚が薄れやすい
・キャリアごとに仕様が異なる
 

支払い方法:6.銀行振込

販売者が指定した口座に、商品代金を銀行から振り込む支払い方法です。

 

銀行振込

購入者側のメリットは、昔からある方法で年配者にも分かりやすく、馴染みがあることや、同一銀行宛の振込であれば手数料がかからないことです。
デメリットは、銀行の営業時間が短く、社会人にとっては不便なこと、また、他行宛の手数料が高く、振込先を誤ると、返金などでさらに余計な手数料がかかることが挙げられます。

一方、販売者側のメリットは、顧客の認知度が高くスムーズなことや、運用コストなどの手数料がかからないことです。
デメリットは、入金の消し込み作業に手間がかかること、また、顧客からの入金が15時以降になる場合は、翌営業日扱いとなり、入金確認にタイムラグが生じることが挙げられます。

銀行振込の場合 購入者 販売者
メリット ・昔からある決済方法で馴染みがある
・同一銀行であれば手数料がかからない
・顧客の認知度が高い
・手数料がかからない
デメリット ・銀行の営業時間が短い
・他行宛の振込手数料が高い
・入金の消し込み作業に手間がかかる
・15時以降の入金は翌営業日扱いになる
 

支払い方法:7.新しい支払い方法の紹介

一昔前は、通販の支払方法と言えば銀行振込が主流でしたが、今はこんなにたくさんの方法が選べます。さらに新しい支払い方法として、デビットカードが注目されつつあります。クレジットカードが『事後決済』であることに対し、デビットカードは『即時決済』です。つまり、デビットカードを利用すると同時に銀行から代金が引き落とされます。ほぼ現金支払いに近い感覚で使用できるため、後でお金が引かれることを理由に、クレジットカードを敬遠する購入者向けの支払い方法だと言えるでしょう。

 

最初にネットショップに導入すべき支払い方法

こんなに多くの支払い方法があると、全部揃えるのは大変ですね。一気に揃えようとすると、導入費用ばかりがかさみ、採算が取れなくなってしまうこともあります。したがって、まずはニーズの高い決済方法から揃えていくと良いでしょう。それでは、具体的にはどれから揃えたほうが良いのか、数値に基づいた分析を含めて説明します。

 

ネット通販支払い方法の割合

通販 支払い方法 割合

このグラフは、インターネット通販の利用実績から、実際に行われた決済方法の割合を表したものです。様々な決済方法があるとはいえ、実態としては、7割近くの購入者がクレジットカード払いを選択しています。その理由は、前述のとおり購入者に現金のやりとりが無く、ポイントがつくことなどが考えられるでしょう。次いで、代金引換、コンビニエンスストアでのお支払いとなっています。つまり、クレジットカード払い、代金引換、コンビニ(後払いorコンビニ・オンライン)を揃えるだけで、購入者ニーズを概ねカバーできることになります。

 

クレジットカード・代金引換を導入すると損はしない

上記の支払い方法の割合からも分かるように、通販業者が初めに導入しておきたい支払方法としては、最も選ばれているクレジットカード、そして代金引換が挙げられます。導入順番でいうと、先に代金引換の申込をしておいて、同時にクレジットカードの準備をすることが効率的です。コンビニ払い、後払い、キャリア決済等はあるに越したことはないですが、運用面やコスト面で無理をしてまで、全ての決済手段を一気に導入する必要はありません。商材特徴や購入者特徴によって、支払い方法のニーズは異なるため、ユーザーの購入頻度や客層に応じて、検討が必要になります。

例えば、若年層向けのオンラインゲーム課金アイテムならキャリア決済、クレジットカードを持たない学生・主婦層にはコンビニ後払いにニーズがあります。まずは、商品のターゲットがどの年齢層なのかを考えてみてはいかがでしょうか。ちなみに銀行振込は導入費無料のため、バリエーションを増やす意味で導入すると良いでしょう。そして、事業を拡大するときに、また新しい決済方法を検討していきましょう。

クレジットカード決済の仕組みを詳しく知りたい方はこちら

クレジットカード決済の簡単な導入方法はこちら

 

このコンテンツを読んだ方のお役に立てそうなテーマ

 

ネットショップ担当者必見・3分で分かる三大決済「クレカ・代引・コンビニ後払い」の導入メリット

 
 

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00

0120-69-5090

携帯電話からご利用のお客様 03-6671-8080