「独自ドメインは、SEOに有利?」ドメイン・SEOの関係を正しく解説

新しくWebサイトやネットショップを開設する際、独自ドメインと共有ドメインのどちらにするかを悩みますよね。結論から言えば、ドメインの種類そのものがSEO的に有利・不利に働くことはありません。ただし、Webサイトの性格や種類によっては、いずれかを選んだ方がSEO対策上便利だということはあります。

ドメインSEO

ドメインの種類毎の違いと特徴

「サブドメインを使ったら検索エンジンで上位表示できた」とか「独自ドメインでないとSEO的な効果がえられない」といった様々な声が、巷に溢れています。ここではまず、それぞれのドメインの特徴や違いを解説し、次の項では、ドメインの種類による有利・不利の有無について、本当のところを解説します。

独自ドメイン・共有ドメイン・サブディレクトリーそれぞれの概要と違い

まず独自ドメインとは、自分(自社)だけで利用できるドメインのことを指します。たとえば「example.jp」「example.co.jp」といった汎用型・属性型のJPドメイン、「example.com」「example.org」といったgTLDドメインなどがあげられます。これらは、レンタルサーバーの運営会社やドメイン専門の業者などを通して、1年単位で契約するのが一般的です。

独自ドメインの取得や維持には別途費用がかかります。また、利用するサービスやサーバーにより異なりますが、独自ドメインを使うための特別な設定を自身でしなければならないことがあるため、事前に注意が必要です。その一方でレンタルサーバーを移行するなど、利用サービスを変更する際、新しいサービスに既存の独自ドメインを持ち込むことができるというメリットはあります。

次に、共有ドメインとは、既存の独自ドメインを利用し、その名の通り、同じサービスを利用中の他の顧客と共有して使うドメインのことです。たとえば「example.jp」という独自ドメインがサービスによって用意されている場合、「aaa.example. jp」のaaaの部分については、自身で決めて使うことができます。この際、他のユーザーは「bbb.example.jp」や「ccc.example.jp」などを利用します。なお共有ドメインは、独自ドメインに基づいて作られるドメインということで、サブドメインと呼ばれることもあります。

共有ドメインは、レンタルサーバーなどのサービスに付加されるサービスであり、他ユーザーと共有して利用するものなので、独自ドメインのように別途費用がかかることや、自身でドメインを使うための特別な設定をしなければならないことは通常ありません。

しかし、そのサービスに付加しているドメインであるため、レンタルサーバーなどの移行を行う際、新しいサービスに旧サービスの共有ドメインを持ち込むことは、通常できません。そのため、新しいサービスで新たにドメインを取得することが必要です。

一方、新しくサイトを立ち上げる際に、サブディレクトリーを利用することもあります。サブディレクトリーとは、ドメインの後ろに新たなディレクトリー名をつけて利用することです。たとえば独自ドメイン「example.jp」を「example.jp/aaa」のように、別の独自ドメイン「aaa.example.jp」を「aaa.example.jp/bbb」のように、それぞれディレクトリー名である新しい文字列を追加して利用します。

ドメインの種類によるSEO影響

新規サイトの開設時ドメインの種類によってSEOに影響はあるのか?

ドメインの種類によるSEOへの影響については、様々な意見があるようですが、グーグルのジョン・ミューラー氏はこれについて、次のように回答しています。「私たちの見解では、サブドメインもサブディレクトリーも、本質的には同等だ。(中略)どちらがよいかは、利用しているシステムで、どちらが扱いやすいかに依る」と。また、グーグルのウェブマスター向け公式ブログにおいても、「新しいgTLDも他のgTLDと同じように処理されます。」と記載されています。これらのことから、ドメインの種類によるSEOへの影響はないと考えられます。

出典:https://webtan.impress.co.jp/e/2015/02/13/19305/page/1

出典:https://webmaster-ja.googleblog.com/2015/07/googles-handling-of-new-top-level.html

しかし、利用シーンによってはどちらを選ぶかで、SEO対策のしやすさに違いが生じることはあります。ここでは利用シーンごとに、どんなドメインを選ぶとよいか、といった参考例をいくつか紹介します。

新規サイトの開設時

独自ドメイン,共通ドメイン,使い分け

たとえば本格的にEC事業を始めるなど、自社ブランドのイメージを重視したい際は、独自ドメインを取得した方がよいでしょう。サービスが用意した既存ドメインと比較した場合に、より自社のイメージに近い文字列でドメインを取得できるため、サイト閲覧者にもブランド名や店舗名を覚えてもらいやすくなります。また、サービス共有のドメインを使うより、独自ドメインの方がサイト閲覧者に信頼されやすいといったメリットもありますね。そして、将来的にレンタルサーバーを変更することになったときも、移行先でドメインをかえずに利用できるメリットもあります。

一方、ネットショップを新たに始める前に、実験的にある商品が売れるか試してみたいといった際に、あえて自社で取得した独自ドメインを使わず、共有ドメインを利用するという選択もありえるでしょう。

既設のサイトを移行する際

コーポレートサイトやネットショップなどのWebサイトをすでに運営中で、新しいレンタルサーバーに移行するなどの場合は、基本的には利用中のドメインをそのまま継続するのがおすすめです。そのドメインに対して積み上げてきたSEO的な信頼度を、引き継ぐことができるからです。一方、既設サイトのSEO的な評価がとても低い(検索順位が非常に低い)場合で、なおかつブランドイメージを刷新したいといったときは、新たにドメインを取得するという方法もあります。

このように、サーバーを移行してもドメインを滞りなく移行できるように、あらかじめ独自ドメインを取得、利用することのメリットも考慮しておきたいところです。前述したように、サービスが用意した共有ドメインでは、サービス移行時に新サーバー側へ引き継ぐことができないのです。

すでにサイトをもっていて新しいサイトを立ち上げる場合(サテライトサイトなど)

このパターンでは、用途の細かい違いによって、どんなドメインを使った方がよいかは様々です。たとえばすでに、独自ドメインでコーポレートサイトを運営していて、新しい商品用の特別なサイトを別途立ち上げる場合を考えてみましょう。

既存のブランドイメージの延長で、新しい商品用のサイトを立ち上げたいなら、新規に独自ドメインを取得せず、利用中のドメインのサブドメインかサブディレクトリーを利用するとよいでしょう。新規ドメインを取得するよりも手軽であり、既存ドメインのSEO効果を引き継ぐことが可能です。また、サイトの閲覧者に「この会社の商品だな」ということを理解してもらいやすいメリットもあります。

なお、サブドメインとサブディレクトリーの使い分けですが、サブドメインの方が既存サイトとの違いを強調しやすく、サブディレクトリーの方が既存サイトとの一体感が生まれやすくなります。あとは、構築するWebサイトにあわせて選んでください。

一方、新しい事業用のサイトを立ち上げる場合や、自社にとって画期的な商品用のサイトを立ち上げる場合などは、あえて別途、独自ドメインを取得してアピールするという方法も検討するとよいでしょう。既存ドメインのSEO的な強さを利用できないデメリットはありますが、対外的に新しいサービスであることを訴える効果はあります。

また、サテライトサイトやブログなどを立ち上げる際も、考え方は同じです。既存ドメインのSEO効果を引き継ぎたいとか、既存ドメインのサイトとの関連をアピールしたいといった場合は、サブドメイン・サブディレクトリーをえらびます。逆に、既存ドメインへのペナルティを避けたいとか、新しいコンセプトのサイトであることをアピールしたいといった場合には、新たに独自ドメインを取得するか、サービスが用意する共有ドメイン(サブドメイン)を利用します。

ドメインよりSEOに大事な要素はなにか

サイトSEO

さて、これまではドメインの種類や特徴、用途別の使い分け等について説明してきましたが、SEOを気にするのであれば、ドメインよりもチェックすべきポイントが他に多くあります。たとえばコンテンツの質や独自性は、もっとも重要な要素です。仮にサイトを立ち上げたとしても、読者にとって読む価値のないコンテンツしかなければ、SEOの効果をあげることはできません。

また、ページごとの見出しや、サイト内でアクセスしたいコンテンツを見つけやすくするためのパンくずリストなど、サイト閲覧者や検索エンジン(Googleクロール)にとって情報を見やすくするためのサイト構造上の工夫も、SEO対策には効果的です。

 

まとめ:
ドメインの種類(独自ドメイン・共有ドメイン・サブディレクトリー)とSEOの関係についてまとめましたが、いかがでしたか。説明した通り、ドメインの種類によって、直接的なSEOへの効果が減増することはありません。

ただ、独自ドメインは、その取得や維持に別途費用がかかったとしても、サービス移行時にドメインの効果を引き継げるなどのメリットがあります。

副業で手軽に始めたネットショップも、運営次第では本格的なネットショップに成長することもあるでしょう。そのため、どちらか迷うのであれば、潜在的にSEO的な効果を発しやすい独自ドメインをえらんだ方が無難であると言えます。

 

このコンテンツを読んだ方のお役に立てそうなテーマ

 

ネットショップ担当者必見・3分で分かる三大決済「クレカ・代引・コンビニ後払い」の導入メリット

 
 

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00

0120-69-5090

携帯電話からご利用のお客様 03-6671-8080