【初心者向け】レンタルサーバーとは?
定義・種別・提供会社をわかりやすく解説

ネットショップや独自ドメインのホームページを運用する際、多くのユーザーにとって欠かすことのできないのがレンタルサーバーサービスです。自分でサーバー機やそのサーバーを設置するスペース、インターネット回線などを準備して運用するのと比較して、レンタルサーバーを使えば簡単かつ安価にネットショップやホームページを公開することができます。ここではレンタルサーバーの定義から、種別を分かりやすく解説すると共に主要な提供会社を紹介します。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは?サーバーの貸出サービス

レンタルサーバーとは文字通りサーバー設備の一部もしくは全てを個人や企業に貸し出すサービスのことです。「ホスティングサービス」や「サーバホスティング」とも呼ばれます。

ホームページやネットショップ、ECサイトなどを公開する際は、そのためのサーバー機を購入して運用したり、サーバーをインターネットにつなげるための回線を契約したりすることが必要です。しかし自分でその全てを準備しようとすると、高い費用がかかる上に専門的な知識も求められます。サーバー機や回線に不具合が発生した際は、時間と手間をかけて正常な状態に戻すための対応もしなければなりません。

そこで、一定の月額費用を支払って、レンタルサーバーを利用し、サーバー機や回線などの準備や運用をサービス提供元に任せることで、自分で行うよりも簡単で安価にホームページやネットショップ・ECサイトなどを公開することができます。

サーバーの役割

次にサーバーの役割について、より詳しく考えてみましょう。サーバーとは、ユーザー(クライアント)のリクエストに応じて、サービスやデータを提供する処理能力が高いコンピューターのことです。

たとえば、ユーザーがホームページを見たいと考えて、インターネットエクスプローラーやChromeなどのブラウザソフトにURLを打ち込むとします。「お気に入り」から対象のホームページにアクセスしたり、Googleなどの検索サイトからアクセスしたりする場合も同じです。

サーバーの役割

この例ではユーザーがサーバーに対して、そのホームページのデータを要求することになります。そしてサーバーはユーザーのリクエストを受けて、保存してあるホームページのデータを渡すわけです。

この時、そのホームページのデータが欲しいとリクエストするユーザーのコンピューターと比べると、そのホームページのデータを保存しておいたり、不特定多数のユーザーからリクエストを受け付けたりするサーバーは、より高い処理能力が必要となります。処理を行う回数が多くなるため、その分だけ問題も発生しやすくなりますし、多くのユーザーに同時にデータを渡すための十分な帯域をもったインターネット回線も必要です。

ドメインとレンタルサーバーの関係性とは?

レンタルサーバーを契約する際は、たいていドメインも一緒に決めて契約します。では、レンタルサーバーとドメインにはどのような関係があるでしょうか。

レンタルサーバーとドメイン関係性

たとえば「example.jp」というドメインを使い、「http://www.example.jp/」というURLでホームページやネットショップを公開するパターンを例にとって考えてみましょう。このときexample.jpというドメインは「住所」にたとえることができます。同様にサーバーは「土地」、ホームページやネットショップはその土地の上にたつ「家」や「建物」にたとえると分かりやすいです。ホームページやネットショップといった家・建物を使うために、それを建てるための土地(サーバー)やその場所へ正確にたどり着くための住所(ドメイン)が必要になるわけですね。

同様にレンタルサーバーとは、家(ホームページ・ネットショップ)を建てるための土地(サーバー)を賃貸するサービスにたとえられるでしょう。住所にあたるドメインは、レンタルサーバー業者や専門のドメイン業者から取得します。

ドメインとは?ネットショップ開業前に知っておくべき「独自ドメイン」を含めて詳しく解説

レンタルサーバーの契約と費用について

レンタルサーバーの契約や費用についても、土地の賃貸契約にたとえて解説します。大抵のレンタルサーバー提供会社では、レンタルサーバーを契約する際に初期費用(敷金・礼金のようなもの)が必要です。さらに土地の賃料にあたる月額費用が別途必要になります。

契約期間は1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月・12ヵ月など提供会社やサービスによってさまざまです。申し込みは、土地の賃貸で不動産会社のスタッフと対面で話をするように、提供会社の営業担当に直接会って話を聞くことができる場合もありますが、オンラインで完結するのが簡単で一般的です。

提供会社の公式ホームページへアクセスし、オンラインの専用申込画面から手続きを行います。このとき、希望するレンタルサーバーのプランやオプションを選び、契約者の情報となる会社名(法人の場合)や契約者氏名・住所、さらに支払い方法を登録します。多くのレンタルサーバーサービスでは、一緒にドメイン取得の申込をすることが可能です。

 

レンタルサーバー種別表

ここではレンタルサーバーサービスの種別を表形式にして紹介します。通常「レンタルサーバーサービス」というと、これから紹介する共用サーバー・専用サーバー・VPS サービスまでを指すことが一般的ですが、ここでは同じようにサーバーをレンタルしてホームページやネットショップを公開できるクラウドサービスも含めます。

NO 種別名 特徴
1 共用サーバー 同じサーバーを複数のユーザーで共用するサービス。サーバーのスペックを共有するため、負担が高くなるが、その分低価格。また他ユーザーと共通の設定で利用する必要がある。
2 専用サーバー 1台のサーバーを占有できるサービス。共用サーバーと比較して高価だが、サーバーの負担が高い利用も可能。また自由度も高い。ただし、OSのアップデートやソフトウェアの設定などユーザー自身で行う必要があるため、その分、専門的な知識が必要な上に管理の手間がかかる。
3 マネージド専用サーバー 1台のサーバーを占有できるのは専用サーバーと同じだが、その管理を提供元に任せられるサービス。そのため専用サーバーのように専門知識は求められず手間もかからないが、管理を任せる分、一般的に料金は専用サーバーより高価。専用サーバー同様、サーバーの負担か重くなるような処理も可能。ただし予め決められた設定を使う必要があるため専用サーバー程の自由度はない。
4 VPS サービス 同じサーバーを複数人で共有するのは共用サーバーと同様だが、「あたかも1人で1台のサーバーを使っているような」特別な設定が施されたサービス。専用サーバーよりも安価だが、同じくらい負担がかかる処理を行うことが可能。また自由度の高さも専用サーバーに近い。
5 クラウドサービス
(パブリッククラウド)
インターネット上のサーバーやストレージなどの資源を「必要なだけ」使えるサービス。専用サーバーと同じように負荷の高い処理も可能な上に自由度も高い。必要に応じてスペックを後から追加したり削除したりもできる。ただし、その分専門的な知識は専用サーバー以上に必要となる。さらに、価格は使用するスペックに応じて専用サーバーと比較してさらに高価になることも。
 

前項と同じように土地の賃貸にたとえると、共用サーバーは、サーバー会社が所有する土地を予め家が建てやすくように細かく区画整理をしたり、斜面を平坦に手入れしたりすることで管理の手間がかからない建築用地に整えると言えば分かりやすいでしょう。専用サーバーは、土地だけを借りるサービスなのでその上に建てる家の構造などは自由ですが、その分料金が高く管理の手間もかかります。

次のマネージド専用サーバーは建物付きの土地を貸してもらうようなサービスで、すでに建てられた家を使うため自由度は低い一方で、管理の手間は土地だけを借りるよりはかかりません。次のVPSサービス・クラウドサービスに関しては、インターネットの世界に特化した専門のサービスなので土地の賃貸にたとえることはできません。

ただ、強いて言うなら、VPSサービスは「実際は賃貸マンションなのに『あたかも土地だけを借りているように』自由になんでもできるサービス」、クラウドサービスは「必要に応じて土地の広さも建物の大きさもいつでも自由にかえられる賃貸サービス」と言えるでしょう。

それほど規模の大きくない一般的なホームページやネットショップを運営するのであれば、安価で管理の手間も少ない共用サーバーを選ぶのがおすすめです。ただし、特別な設定をするなど高い自由度が必要な場合や、大量のアクセスを集める大規模なホームページやネットショップを運営する場合などは、共用サーバー以外の選択肢が必要になってきます。

サービス提供会社ごとのレンタルサーバーの種類

ここではレンタルサーバーを提供する会社を6社一覧にして例示しています。これらの会社以外にもwebサイトの性質や、構築者のスキルによって、最適な選択肢が異なりますので、自分に合ったレンタルサーバーを探してみてください。

No 会社名 共用
サーバー
専用
サーバー
マネージド
専用サーバー
VPS
サービス
クラウド
サービス
(パブリッククラウド)
1 ロリポップ 提供 - - - -
2 さくらインターネット 提供 提供 提供 提供 提供
3 エックスサーバー 提供 - - *1 - -
4 カゴヤ・ジャパン 提供 - 提供 提供 -
5 WADAX 提供 提供 提供 - -
6 NTT コミュニケーションズ 提供 - 提供 *2 - 提供
<2017年5月調べ>
*1 同じ会社で提供している別ブランド「シックスコア」では マネージド専用サーバーも提供
*2 同社の「Biz メール&ウェブ プレミアム」は、正確にはマネージド VPS サービス内容はマネージド専用サーバーとほぼ同じ
 

まとめ:
いかがでしたか。レンタルサーバーを適切に利用するためには、その概要や種別をまず把握した上で適切なサービスを選ぶことが重要です。一般的には安価で手間もかからない共用サーバーを利用すれば問題ありませんが、大量のアクセスを集める大規模なホームページ・ネットショップを運営する場合、特別な設定を自由に行いたい場合は、必要に応じてVPSサービスや専用サーバーなど他の選択をする必要があります。

次回はさまざまなレンタルサーバー会社やサービスを比較する際のポイントを紹介します。ポイントをおさえてもっとも目的にあったサービスを選びましょう。

 

このコンテンツを読んだ方のお役に立てそうなテーマ

 

月あたり300円でネットショップ店長になれる!?

 
 

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00

0120-69-5090

携帯電話からご利用のお客様 03-6671-8080