【図解】低予算で実現できるネットショップの集客方法とは?即効性のあるサイト集客法を説明

ネットショップ集客,ネットショップ集客方法

ネットショップ開店直後で集客施策まで手が回らないという人や、自社に必要な集客方法が分からないという人は少なくありません。短期的に売上増加効果が出やすく、且つ小額予算・インハウスでも実施できる集客方法にはウェブ広告、ステップメール配信やプッシュ通知などがあります。無料だけど効果が出るまでに時間がかかる施策としてはSNSでの情報発信、ブログなどの自社メディアやコンテンツの最適化があります。
ネットショップ集客10種類について解説しますので、優先順位を決めて取り組んでみてください。

無料・低予算で始められる効果の高い集客方法【10種類】

無料または低予算で実施できる10種類の集客方法を図にまとめました。各施策をうまく使い分けるために、まず『効果の出る速さ(即効性・遅効性)』『実装コスト(高い・低い)』について大まかに把握しておきましょう。以下の図解を参考にしてください。

【図解】ネットショップに必須の集客方法10種

ネットショップ集客,ロードマップ,全体像

左側には、代表的なウェブ広告であるリスティング広告、アフィリエイト広告、リマーケティング広告、SNS広告と、代表的なリターゲティング施策であるプッシュ通知と、ステップメールを加えた6つの集客施策をマッピングしました。これらは集客効果の結果が比較的早く分かる施策です。

右側には、自社メディアでの情報発信SEO対策を含むコンテンツマーケティングSNS運営動画の活用の4つをマッピングしました。これらは集客効果を得るまでに数ヶ月から1年以上の期間を要することがあります。

そして、最も大切なのが、『自社ターゲットとの親和性を考えて集客施策を実行すること』です。たとえば、顧客との関係性に応じて選ぶ集客方法を変えたり、顧客の興味関心に合わせた内容で情報提供したりすることが重要です。

ターゲット顧客と集客方法の親和性(相性)を考える

集客方法,ターゲット

集客施策はあくまで手段です。集客して終わりではなく、目的はネットショップの売上げアップリピーター獲得ですので、その点を十分ふまえて、効果が出る集客方法を考えていきましょう。

いますぐ顧客を逃さず獲得するための集客方法6つ

では、ネットショップに必要な10種類の集客方法のうち、今すぐやりたい6種類の施策の特徴や導入方法について解説します。

ちなみに「今すぐ」とは、ネットショップ開業直後や、集客に注力しようと決心した日から1ヶ月〜3ヶ月以内に施策を実行し、効果の手応えを得るイメージです。

注意点として、有料の広告や集客ツールは、たとえ導入料金や月額費用が安い場合でも、ズルズル続けてしまうと無駄な出費がかさむ原因となります。実施期間を区切って効果を検証し、効果が出ないときや費用対効果が合わないときは、やり方を改善する・導入を取り止めるといった判断をすることも大切です。

方法1.リスティング広告の自社運用

リスティング広告には、GoogleやYahoo!などの検索結果画面に表示されるテキスト広告(検索連動型広告)と、特定のwebサイト内に表示されるディスプレイ広告があります。どちらもクリック課金制で、1日当たりの予算を設定し、ユーザーが広告経由で自社サイトを訪れたり、電話をかけてきたりした場合料金が発生します。

検索連動型広告

ユーザーが検索時に入力した語句と一致するキーワードのテキスト広告が表示される仕組みなので、自社の認知度にかかわらず、集客力に即効性があります。とくに検索目的がはっきりしているユーザーは最短距離で目的を達成したいので、要点がギュッと凝縮されたテキスト広告は効果的です。

リスティング広告,検索結果エリア

重要なのはキーワード選びで、ビッグキーワードはクリック単価(CPC)が高額なため、たとえば、「フレンチレストラン」といった一語ではなく、「結婚式 レストラン」といった複合キーワードで他店との差別化ポイントを打ち出すことが必須です。高度な作文テクニックや、ユーザーの検索意図に合うキーワードを選び出す難しさがあるという点で、自社運用の難易度は高めだと言えるでしょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、特定のwebサイト内の広告エリアに表示されます。掲載先のwebサイトは、自社のターゲットの嗜好、性別、年齢層などに合わせて設定できます。掲載形式は、テキストのほか、画像掲載も可能です。商品イメージも的確に伝わるため、潜在的なターゲットの発掘に効果的です。新商品の紹介や、自社ブランドの認知をもっと高めたいときにも有効です。

バナー広告

方法2.アフィリエイト広告

アフィリエイト広告の特徴は、第三者(アフィリエイター)に自社サイトや商品を宣伝してもらうことです。アフィリエイトサービス提供会社に登録し、アフィリエイターがブログ内に商品の広告コードを埋め込むと広告が表示されます。費用は主に成果報酬型で、商品が売れた時のみ広告料金を支払えばよいので費用対効果は良いです。ただし、広告費を支払う前の確認・承認手続きなどが必要で管理には手間がかかります。

アフィリエイターは一般の方が多いので、比較的値段が安い生活用品や雑貨系商材にもおすすめできます。口コミやおすすめ文と一緒に広告が表示されるので宣伝効果は高いですが、アフィリエイターは収入を得るために売りやすい商品を紹介する傾向があります。無名の商品や個性が薄い商品は難しい面があるでしょう。
また、自社商品を紹介したくなるような、デザインの良いバナー広告を何通りか用意する必要があるので、デザインコストもかかります。

方法3.リマーケティング広告(サイトリターゲティング)

リマーケティング(remarketing)広告は、過去に自社サイトを訪問したことがある顧客に対して広告配信を行なう仕組みです。掲載場所は、Google AdWordsや、Yahoo!ディスプレイアドネットワークが提携するwebサイト内の広告エリアです。
顧客が自社サイトを離脱し、その後に訪れた提携サイトで広告が表示されるので、商品やサービスを強く印象付けることができます。対象顧客は性別や嗜好により絞ることができるので、高いクリック率が期待できます。
ただ、印象に残る分、クリック後のページ内容が期待はずれだと悪印象を与えてしまいます。そのため、ランディングページ(LP)の作りこみやキャンペーンとの連動企画など、周到に準備をすすめながら実装する必要があります。

また、動的なリマーケティング広告の掲載も可能です。静的な画像バナー広告はもちろんのこと、顧客が過去に閲覧した商品を複数表示できるなど、一人ひとりに合わせた広告配信ができることが大きな特徴です。

方法4.SNS広告

SNS広告は、幅広く顧客との接点を増やしたいときに向いています。Facebook、Twitter、Instagramなどが有名ですが、広告を配信するには事前にビジネスアカウントなどへの登録が必要で、導入手続きにやや手間がかかります。また、利用者が多いLINEについては、LINE上で検索されるためにビジネスアカウント「LINE@」を申請し数週間かかる審査にパスする必要があります。

しかし、登録後の広告配信は意外と簡単です。近年はスマートフォンの利用率が高まり、スマホはSNSとの結びつきが強いデバイスです。そのため、スマホからも手軽に広告配信できるようになっており、一般ユーザーの延長線上で実装できるので、従来のweb広告に慣れていない人も取り組みやすいのではないでしょうか。
また、Twitter Japanは月額9,900円の広告自動配信サービス「オートプロモート」を開始しました(2017年12月6日より)。運用の手間が一切かからない定額制のSNS広告が今後伸びるのかどうか、広告効果にも注目していきたいところです。

一方、自社のターゲット顧客とSNS集客のマッチングを考えると、全てのSNSに同じ広告を打つべきか、迷うと思います。総務省の資料※には以下のようなグラフがありました。同資料によれば、主なソーシャルメディアを1つ以上利用している人は71.2%で、50~60代で大幅に増えるなど幅広い年代で浸透し始めています。また、LINEの利用率が67.0%と最も高く、Instagramの利用率は10~30代で伸長したとの報告もありました。
こうした資料は毎年発表されるので、年齢層に合わせた集客施策や投稿内容を考えるうえで、参考になると思います。

ソーシャルメディア調査

出典;平成28年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 <概要>

方法5.メールマーケティング

メールマーケティングの一種、ステップメールは1人の顧客に何通のメールをどのタイミングで送るのか、全体のストーリーの組み立てが重要になります。また、送信を自動化するツールは有料であることが多く、無料でやる場合は手間がかかりすぎるのが難点です。

メールを送る相手は、顧客のなかでも問合せや注文などのアクションを起こした人で、商品購入者やキャンペーンに参加した人など、何タイプか考えられます。よく実行されるのは商品注文後のステップメールです。商品発送が完了した数日後に、商品レビューの投稿などを依頼するメールを送り、数週間後におトクなクーポンを送るなどして、サイトへの再訪問や再購入を促します。

主に既存顧客が対象のため即効性はありますが、費用対効果を考えると、ある程度高額な商材か、年に数回のリピート注文が期待できる商材などに適しています。

また、メールマーケティングの一貫としてメルマガを発行し、ブログに公開した耳寄りな情報や、役立つコンテンツなどへ誘導することも有効です。ご存知のように、面白くないメールを送り続けると即ゴミ箱行きとなり、会員退会や受信拒否につながる恐れもありますので気をつけましょう。反対に、内容が良ければサイトのブックマークやSNS上のシェアにつながり、集客力をアップすることができます。

方法6.プッシュ通知

プッシュ通知は、自社のネットショップやメディアを訪れた顧客から承認されて初めて、表示できるようになります。プッシュ通知は他サイトの閲覧中にも表示されるので、自社ショップへの再訪問を促すことができます。
ただ、プッシュ通知は、まだ関係性が浅い新規顧客や潜在顧客には迷惑がられる可能性が大です。冒頭でお話したように、顧客との関係性も考慮して集客方法を選んでください。

【無料】売上アップに中長期的に貢献する集客方法4つ

ここからは、無料で集客できて、ネットショップの売上に中長期的に貢献する集客方法4つを紹介します。どれも聞き慣れた施策かと思いますが、成果を導くには独自の企画力・情報発信力・継続力が欠かせません。
ちなみに中長期的とは、ネットショップ開業直後や、集客に注力しようと決心した日から3ヶ月〜1年程かけて成果が出て来るイメージです。効果が出るまで時間がかかるからこそ、1日でも早く着手し、一過性ではなくコツコツ続けることが重要となります。

方法1.自社メディア/ブログ

ネットショップに付随するブログは、商品の補足的な情報から開発秘話などのこぼれ話、商品購入後に役に立つノウハウ情報などを写真入りで掲載するのに適しています。顧客のサイト滞在時間の引き伸ばしコアなファンづくりにも重要な役割を果たしますので、必ず取り組みたいですね。

1記事1テーマで地味にページ数を増やしていくと、長文も書けるようになって検索エンジンにインデックスされやすくなり、SEO効果も期待できます。なお、検索エンジンにヒットするのは、文章だけではありません。Googleの画像検索を利用する人も多いので、ブログの画像には必ず個別のaltタグを付けておきましょう。

altタグ,画像検索

方法2.コンテンツSEO/コンテンツマーケティング

ネットユーザーは、知りたい情報や欲しい商品があるとGoogleなどの検索窓に語句を入力して検索します。SEO(検索エンジン最適化)は、無数のwebページの中から検索された語句にマッチするページを優先的に表示させるための施策です。一般的に、検索結果画面に上位表示されるページほどクリック数が伸びて高い集客効果が得られます

そこで、自社のネットショップのターゲット顧客が検索する語句や検索意図を先読みして、それにマッチするコンテンツを自社メディア内に用意しておけば、集客力とともに顧客の満足度や購買意欲も高まり、受注などの成果に直結するというのがコンテンツSEOの考え方です。

コンテンツSEO,コンテンツマーケティング

コンテンツSEOでは、顧客の行動を変えられるかどうかが鍵です。「買う気は無かったのに、思わず欲しくなって注文した」という行動変容を起こすことができれば大成功ですが、そのようなコンテンツを作るのは簡単ではありません。ページの企画→制作(執筆・撮影・デザイン・SEO)→効果の検証→改善→効果の検証→改善と、一つのコンテンツをより良くする努力を積み重ねていきましょう。即効性はありませんが、手間をかけて作り込むことで真似されにくく、上位表示された後は外部からのリンクも増えるので、ライバルサイトに大きな差を付けることができます。

なお、新しいサイトやページが検索でヒットするには数ヶ月かかることがあります。クリスマスやお中元などの季節需要を狙いたい場合は、遅くても注文が入る時期の3ヶ月前にはコンテンツを準備しておくことをおすすめします。

方法3.SNSを使った情報発信

SNSを利用すると顧客との接点が増え、情報発信を続けていくと徐々に集客力も上がっていきます。なにより、顧客の生の声をたくさん聞くことができるので、多くの気付きがあり、マーケティング施策にも活きてくると思います。

ただ、SNSにはそれぞれ特徴やクセがあるので、集客ツールとして使いこなすには慣れも必要です。
たとえば、Instagramの写真やコメントからは、自社ネットショップへのリンクを貼ったり誘導したりすることはできません。Instagramでは投稿時にハッシュタグ(#)を付けると、同じタグを付ける人(行動や興味が似ている人)に写真を見てもらいやすくなり、Instagram内での集客力がアップします。ハッシュタグの選び方一つで何人の人が写真を見るかが全く違ってくるので、選定にコツが要ります。
一方、Facebookのタイムラインには友達の友達(知らない人)がイイね!した情報まで流れてくるのが特徴です。FacebookはTwitterほどの拡散力は無くても、写真とテキストのバランスが良いのでコンテンツマーケティングとの相性が良く、Facebookからの流入やコンバージョンの増加が期待できます。

方法4.動画マーケティング

動画は見る人の共感を誘うことができる貴重なツールです。化粧品なら塗り心地のアピール、ファッションなら着心地や生地の質感など、静止画では伝わりづらいディテールを補足したいときにおすすめです。
また、商品の使い方やメンテナンス方法などのHow-to系情報を伝えるのに動画は最適です。たとえば、商材がガーデニング用品のショップなら、庭木の剪定や芝生の植え替えなどを、何月頃に・どんな道具を使って・どのようにやったら良いのか、というテーマだけで、多数の動画を作ることができそうです。
何をアップしたら良いかわからない場合は、ブログの人気記事を、動画にリメイクしてみるのも良いでしょう。

 

まとめ:
いかがでしたか?ネットショップ集客に役立つ10の施策について解説しました。自社運営のネットショップでは、集客力が売上を大きく左右します。有料でも集客に即効性のある各種の広告と、無料でできる情報発信を両方行っていくことで、集客力も高めつつショップ自体の魅力も向上させることができ、相乗効果による継続的な売上が見込めるようになっていきます。

ネット上の自社ショップは、どこまでも続く浜辺の小さな砂粒のような存在です。ただの砂は誰の目にもとまりませんが、その中でキラリと光るビーチグラスは人々の目を引き付けます。ネットショップ集客においても自社のカラーを打ち出して、より多くの顧客を獲得していきましょう。

 

このコンテンツを読んだ方のお役に立てそうなテーマ

 

ネットショップ担当者必見・3分で分かる三大決済「クレカ・代引・コンビニ後払い」の導入メリット

 
 

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00

0120-69-5090

携帯電話からご利用のお客様 03-6671-8080