【初心者向け】通販サイトの作り方・ネットショップの始め方

楽天やAmazonなどのモール以外で通販サイトやネットショップを作成したい方に向けて、独自ドメインで運用可能な、無料または有料のネットショップ構築パッケージ・アプリを紹介します。通販サイトの作り方手順を一から解説した、初心者におすすめのスタートガイドです。

通販サイトの作り方・手順

通販サイトを作る2つの方法とメリット・デメリット

通販サイト(ECサイト)を作る第一歩は、欲しい機能や予算にマッチする通販サイト作成サービスを選ぶことです。極端な話、無料ブログにカート機能を付けるだけでも通販サイトは作れます。しかし、オリジナリティのある売れるサイトにするなら、それなりのサービスを吟味して、足りない機能はカスタマイズで補うのが一般的です。通販サイト作成サービスには、「パッケージ」(サーバーインストール型)と「ECサイト構築ASP」(Webアプリケーションともいう)の2種類がありますので、違いを説明していきます。

パッケージ・ECサイト構築ASPサービス比較表

パッケージとは、通販サイト作成用のアプリケーションソフトのことで、自分で契約したレンタルサーバーにインストールして使います。一方ASP(Webアプリ)は、サービス提供会社と契約を結んで、通販サイト作成用アプリケーションをサーバーごと借りるようなイメージです。
人気のサービスを比較表にしました。

ショッピングカート比較 <機能>※2017年1月調べ
サービス名 種別 レンタルサーバー
要・不要
初期費用
(税抜き)
月額費用
(税抜き)
商品登録数
EC-CUBE パッケージ *2 無料*3 無料 無制限
BASE ASP*1 不要 無料 無料 無制限
STORES.jp ASP 不要 無料*4 無料〜*5 5点〜*6
おちゃのこネット ASP 不要 無料 540円〜 5,000点〜
カラーミーショップ ASP 不要 3,240円 900円〜 無制限
MakeShop ASP 不要 10,000円+税 3,000円+税〜*7 100点〜
ショップサーブ ASP 不要 9,519円+税 4,930円+売上額の5%+税〜 100点〜

*1 ASP→「ECサイト構築ASP(Webアプリケーション)」の略称
*2 レンタルサーバー費用が別途かかる
*3 テンプレートやプラグインは一部有料
*4 独自ドメイン取得は有料プランのみ可
*5 有料プランは月額980円+税
*6 有料プランは無制限
*7 契約期間による割引有

パッケージは、技術さえあれば自由にカスタマイズできるのが特徴ですが、運用まで時間がかかり、バージョンアップなどの保守管理も自己負担することになります。そのため上表「EC-CUBE」は、エンジニアやサイト制作会社などの協力が得られる場合におすすめです。そうではなく、HTML初心者が運用する場合は、カスタマイズ不要なカラーミーショップなどのASP(Webアプリ)アプリのほうがおすすめです。

初心者におすすめECサイト構築ASPのメリットとデメリット

ASP(Webアプリ)は通販サイトを簡単に作成できる設計なので、知識がなくても運用しやすいことがメリットです。レンタル形式なので保守管理もおまかせで良いのですが、デメリットもあります。主な注意点は、機能を追加したくてもカスタマイズができない、サーバーを変更できない、他社への乗り換えが難しいことでしょう。たとえば、サーバー容量や商品点数の上限がネックとなって、商品を増やしたいのにできないケースなどが考えられます。また、機能が充実したプランは毎月の固定費が高くなりがちですので、将来ショップが成長したときの姿も想定しながら選びたいものですね。

ショッピングカート比較!機能・決済・使いやすさ比較表

最近では、初心者にはハードルが高かった「パッケージ×レンタルサーバー」も手軽さが増しています。興味があればサーバーをお試し契約し、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

「レンタルサーバー×パッケージ」で作る場合の手順

ここからは、レンタルサーバーとパッケージを利用した通販サイトの作り方を説明します。

大まかな手順は、
  1. サーバー会社を選んで契約
  2. パッケージをインストール
  3. 審査に時間を要する決済方法を申し込む
  4. サイト情報や商品の登録
  5. デザインテンプレートの選択やプラグインによるカスタマイズ
  6. 動作テスト・ページの最終チェックをしてサイト公開
となります。

レンタルサーバー契約

レンタルサーバー機械

レンタルサーバーの最低限の条件は、パッケージがインストールできること。選び方のポイントは、アクセス増加に対応できる容量や速度があり、セキュリティ対策がしっかりしていて導入がしやすいことです。初心者にとっては、簡単インストール機能や、無料トライアル期間が2週間ほどあると安心です。具体的なおすすめは、さくらのレンタルサーバー、ファイアバード、エックスサーバーといった代表的なサーバー会社や、パッケージソフトのEC-CUBE公式サーバーなどです。

EC-CUBEなどパッケージのインストール

カスタマイズ無制限なパッケージの代表格がEC-CUBEです。無料で利用できて、通販サイトに欠かせないカート機能は標準装備、決済・物流・デザインなどの多彩なオプションは一部有料で追加できます。ASP(Webアプリ)ではできないサービスやデザインも作れるとあって、現在は推定3万店以上のネットショップが利用しているとのことです。

ec-cubeオーブンソース

EC-CUBEのダウンロードページ

EC-CUBEを自分でインストールするには、公式サイトで会員登録し最新バージョンをダウンロードします。その後、一部phpファイルのHTMLを書き換えてサーバーにアップしたり、MySQLデーターベースを指定したり、パーミッションを変更する必要があります。これらの知識がない方は、サーバー会社が提供している簡単インストール機能を使うのがおすすめです。

レンタルサーバー会社の簡単インストール

一例として、エックスサーバーの全プラン(初期費用3,000円+税、月額費用900円+税〜)で利用できるEC-CUBE自動インストール機能を紹介します。サーバー契約を済ませたら、サーバーパネル画面から自動インストールのページに行き、指示にそって必要事項を入力するだけなので簡単です。
インストールの際にショップのURLを使うので、サーバー契約と並行してドメイン取得の手続きもしておいてください。

レンタルサーバーエックスサーバーのEC-CUBE自動インストール

決済プラグイン・商品登録・デザインテンプレートの導入

EC-CUBEのインストールを終えたら、審査に時間がかかるクレジットカード決済などを申し込みます。

ec-cube3系とヤマト連携

決済・物流・デザインテンプレートなどのオプションは、全て付属のオーナーズストアから選び、無料ダウンロードまたは購入したのち、それらの機能をEC-CUBEの管理画面からインストールして追加します。

オーナーズストアとは

ここで一度、デモページを訪れて、これから使う管理画面と完成したショップを、それぞれ確認してみましょう。管理画面のデモページでは、商品登録、売上管理、顧客管理、新着情報の管理などを試しにやってみることができます。ショップのほうでは会員登録や購入もできるので、お客様の立場を疑似体験するのにもってこいです。

EC-CUBEデモページ

【カラーミーショップ】などECサイト構築ASPで作る場合の手順

ASP(Webアプリ)には、完全無料のBASE、手早く開店できるおちゃのこネット、有料契約店舗数が国内トップクラスといわれるカラーミーショップなど、実にさまざまなサービスがありますが、通販ショップの作り方自体は似ています。

通販ASPでのやり方手順

大まかな手順は、
  1. 通販サイト用Webアプリを契約
  2. 商品登録とデザインテンプレートの選択
  3. 必須のサイト情報(特定商取引法など)を入力したら、早めに決済方法を申し込む
  4. 独自ドメインの取得手続きを完了させる
  5. 動作テスト・ページの最終チェックをしてサイト公開
となります。

通販サイト用ASP(Webアプリ)契約

機能や価格がさまざまな通販サイト用ASP(Webアプリ)は、どれを選んだら良いか迷うと思います。
まず無料・有料のASPがありますが、もしも趣味やSNS感覚で通販ショップを楽しみたいのなら、コストをかける必要はないので迷わず無料ASPを選びます。有料ASPは個人・法人問わず利用できますが、「利益の出る通販サイトに育てるぞ」という覚悟で使いこなさないと、コストに見合うメリットが得られません。とりわけ独自の通販サイトはモール出店に比べて集客力が弱く、はじめの数ヶ月は小さな売上も作るのが大変です。初心者の方は初期の赤字リスクを抑えるために、「少額固定費で始めて、徐々に大きくする事業計画」を立て、それが実行できるASPアプリを検討してみましょう。

ドメイン取得

ドメインとは、Webサイトの名前や住所(URL)であり、「××.jp」や「××.com」や「××.net」などと表記します。メールアドレスの「@」マーク以降にも使われます。独自ドメインは好きなつづりに設定できますが、たとえばカラーミーショップで用意された初期ドメインを使うと「××.shop-pro.jp」のようにASP(Webアプリ)の表記が含まれます。通販サイトには独自ドメインがおすすめです。理由は、ショップの信頼性・ブランド化・集客面などにおいて有利だからです。ただし、無料ASPや格安プランでは独自ドメインや「××.jp」ドメインが取得できないことが多いのでご注意ください。

【カラーミーショップ】の通販ショップの作り方

ここからは、カラーミーショップを使った通販ショップの作り方を解説します。無料お試し期間が30日あるので、ぜひ試してみましょう。商品撮影や情報作成が終わっていれば、1時間たらずで通販サイトができ上がります。

カラーミーショップユーザー登録ページ

ユーザー登録

  • ショップURL、メールアドレス、パスワードを入力し、「無料でショップを始める」ボタンを押します。
  • URLは「https://××.shop-pro.jp」の××部分を入力します(あとで独自ドメインに変更可能)。
  • 登録できたら、経験者か初心者を選んでログイン。ここでは初心者モードを選びます。

カラーミーショップユーザー登録

カテゴリー登録、商品登録、デザイン選択

  • ホーム画面の案内にそってすすめていきます。
  • STEP1では、商品カテゴリーの登録、商品(画像)の登録をします。
  • 画面左上の「家マーク」を押してホーム画面に戻り、Step2でショップの名前、デザインを決めます。

カラーミーショップのカテゴリー登録、商品登録

ショップを見る、デザインテンプレート追加変更

  • 画面左の「ショップを見る」ボタンを押すと、作成中のショップを確認できます。
  • デザインはテンプレート追加ページから変更できます。まず無料のPC版、レスポンシブ、SEOテンプレートなどを試してみましょう。

カラーミショップのデザインテンプレート登録

配送方法、決済方法、ショップ情報設定

  • STEP3では、配送方法、決済方法、特定商取引法に基づく表記を設定します。
  • 配送方法はヤマト運輸などを必ず設定します(しないとテスト購入できません)。
  • これらの情報は開店前にしっかりと設定し、クレジットカード決済の審査にも備えましょう。

以上でサイト作成の基本ステップは完了です。

配送設定・決済設定・特商法設定

公開したら、集客プランを作っていこう

動作テストを行い、実際に購入できることを確認したら、いよいよ通販サイトの開店です!
ただし、開店したことは自分だけしか知りません。来客を待つより集客施策をやっていくほうが得策ですので、まずはGoogle検索などで目に留まるように、SEO対策や商品詳細ページを充実させてください。お客様が来店するようになったら、受注率を高め、リピーターになってもらうキャンペーンも必要です。そうした工夫の積み重ねで、通販サイトをどんどん成長させていきましょう。

 

このコンテンツを読んだ方のお役に立てそうなテーマ

 

月あたり300円でネットショップ店長になれる!?

 
 

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00

0120-69-5090

携帯電話からご利用のお客様 03-6671-8080