リピート顧客に強い受注管理システム

リピート顧客に強い受注管理システム 各モール・カートとAPI自動連携により、受注業務の効率化。顧客に合わせた封入物施策で、リピーター増加を実現します。

封入物の設定、メール差込機能が標準装備されており、ステップメールの配信機能もオプションで装備。受注処理を効率化する機能が豊富で、受注業務の75%をカット(導入実績平均)することが可能です。

【株式会社ネットショップ支援室:アシスト店長】

サービス 概要・特徴

Point.1:複数店舗の受注管理の効率化

複数の注文をまとめて管理することができます。APIで自動取込されるので、CSVデータの入出力などの不要な手間がありません。
複数の注文をまとめて管理

Point.2:マーケティング施策が可能

特定のセグメントの顧客への封入物を自動設定ができる機能や、サンクスメールや発送完了メールなど、お客様の購買情報に基づいて文面を変更することができる機能など、顧客満足度を上げ、リピート化するための各種施策ができる様々な機能を搭載しています。

Point.3:後払いは自動与信&電話注文時も即時対応可能

後払い注文の与信を行う機能が標準搭載されています。APIを利用し後払いの自動与信を行うため、CSV入出力の不要な手間などは発生しません。電話注文の情報をそのまま入力することもでき、更にその場で後払いの与信結果が出るため、お客様をお待たせすることなく与信結果をお伝えすることができます。

機能

1)受注管理

各モール・カートとAPI自動連携が可能です。API対応店舗では、CSVの入出力作業は不要。受注ステータス自動進行により、受注処理作業の最小化が実現できます。また、作業に応じて自動でステータス移動が可能。顧客に合わせた封入物施策で、リピーター増加を実現します。

2)顧客管理

顧客データベースの管理・検索ができ、新規顧客/リピーターが一目で判別可能です。モールをまたいだ購入の場合でも、顧客名寄せ機能によって購入回数のカウントが可能になります。

3)分析管理

店舗別・商品別・年代別分析等で、分析をすることが可能です。更に細かく分析したい方は、オプション機能で顧客のリピート率やCPM/RFM分析などを行うこともできます

4)発送処理

出荷に必要な帳票類の印刷もまとめて出力可能です。出力可能帳票は【TOTALピッキングリスト・個別ピッキングリスト(受注伝票)・納品書・領収書・請求書】が可能です。各種出荷用ソフトとも標準連携しており、CSVでの入出力が可能です。

5)メール発信機能

発送完了メールなどを自動送信する機能を搭載。更に、メール自動差込機能により、顧客に合わせた1to1のメールを実施、購入条件や顧客条件に応じて、メール送信内容を自動変更することが可能です。更にオプション機能ではステップメールの配信も可能です。

6)在庫管理(オプション)

各モールに対して、在庫数を自動反映することができます。モール側の商品コードを変更することなく連携設定が可能です。

料金

料金表

在庫管理機能

初期費用10,000円×店舗数 月額費用5,000円×店舗数

オプション機能

料金表

事例

利他フーズ株式会社様

3人で対応していた処理が1人で対応可能に。API連携による時間短縮ができ、
さらに頻発していた発注漏れも大幅に改善されました!

利他フーズ株式会社ウェブサイト
利他フーズ株式会社様

アシスト店長導入以前の課題

受注処理が丸一日かけても終わらず、発注漏れなどが毎日頻発していた…
以前利用していたECツールは、操作する上でのスピードや扱いやすさ、操作感が非常に悪く、業務過多の為、
システムエラー及びヒューマンエラーに悩まされていました。発注漏れなども多く、CRM強化など本来であれば強化すべきポイントが強化できない状態でした。悩みが改善されるにはどうしたらいいかを探していたところ、「アシスト店長」の存在を知りました。標準機能でも細かな設定が可能な上、カスタマイズの要望にも丁寧に応えてくれたので導入しようと判断しました。

アシスト店長を導入して変わったこと

大幅な時間短縮と、頻発していた発注漏れが0に!
繁忙期や月末は3人で対応していても受注処理が終わらなかったのに、今は1人で12時過ぎには終わるようになり、業務効率が感動的に上がったと実感しています。例えば、個別の受注詳細を開いて備考欄を都度確認していたのですが、アシスト店長では一覧表示で備考欄の確認ができるようになりとても楽になりました。また、『受注ステータス自動仕分け』機能によって、受注データを取り込んだ際に、受注ステータスを自動で移動させたり、自動でメール送信させたりすることで、受注処理時間の短縮ができるようになったことが大きなポイントです。API連携による時間短縮ができた上、ユーザーインターフェースもよくなったので、ヒューマンエラーやシステムエラーに悩むことが無くなり、頻発していた発注漏れも大幅に改善されました。業務効率化が図れたことで、本業の新企画や次の戦略を練る時間を作ることができています。

これからやりたいこと

業務のさらなる自動化による業務削減とCRMの強化をしていきたい。
これから更に仕組みの強化を模索していきます。具体的には可視化、自動化を整理しつつ、入金確認・備考欄確認以外の業務の自動化をしていくことを考えています。また、CPM分析や商品別分析により、より細かなLTV向上施策の強化を図っていきたいです。

※当該サービスをご利用する場合は、株式会社ネットショップ支援室(以下「提供者」)との契約が必要となります。提供者が提供するサービスに関して問題が生じた場合、当社は契約の当事者ではないため、何らの責任を負わないものとします。

お問合わせお問合わせ