クレジットカード決済利用のEC事業者様 カード情報「非保持化」対応お済みですか?

非保持化とは?

 
EC事業者様(ネットショップ)で保有する機器・ネットワークにおいて
カード情報を「保存」「処理」「通過」しないこと

なぜ非保持化するの?

経済産業省「セキュリティクレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」の詳細

非保持化の対応は必要?

カード情報の非保持化

自分のネットショップの対応状況をチェック!

 
以下の場合は「カード情報の保持」に該当するため、
一度セルフチェックしてみましょう!

上記 A , B , C , D のいずれかにあてはまっている場合は
カード情報の非保持化対応必要となります!

最適な対応方法は?

2018年6月が、非保持化の対応期限です!

いますぐ 最適な、非保持化 の 対応策を 行いましょう!

 
注目されている トークン方式」 「リンク方式」 「メール依頼方式
タブレット決済サービス」 「IVR決済サービス
をわかりやすく解説します!

 

トークン方式とは

購入者様が入力したクレジットカード情報を、 JavaScriptというプログラミング言語を用いて、 カード情報を特定できないように別の文字列に変換する(トークン化)、高セキュリティのクレジットカード決済方式です。

当社では2つの接続タイプ「モーダルウィンドウ型」と「組込型」「組込型」をご用意しており、ECサイトに合わせて選択いただくことが可能です。

 

トークン方式とは?詳細の仕組み、既存クレジットカード接続方式との違いはこちら

 

トークン接続タイプ

 

リンク方式とは

ECサイトから当社提供のお支払手続き画面にリンクで遷移し、決済を行います。決済ページを作りこむ必要がありません。また、購入者様は当社の画面に直接カード情報を入力するため、通販事業者様はカード情報にふれることなく、決済サービスを提供することが可能です。

リンク方式とは?詳しい案内はこちら

 

メール依頼方式とは

購入者様にお支払手続き画面のURLをメールでご案内する決済方式です。ECサイトのデザイン作成・システム開発の必要がなく、手軽に導入することが可能です。

メール依頼方式とは?詳しい案内はこちら

 

タブレット決済サービスとは

電話やFAX等で注文を受ける際、当社提供の決済専用タブレット端末にカード情報を入力し、決済を行います。通販事業者様の端末上にカード情報を保持せず、決済サービスの提供が可能です。

 

IVR決済サービスとは

カード情報入力時に通話を転送し、自動音声案内(IVR)により購入者様ご自身がカード情報入力を行う決済サービスです。通販事業者様がカード情報にふれることなく、決済が完了します。

非保持化対策を取り組みましょう

 
 

お電話でのお問合わせも受け付けます

【受付時間】9:00~18:00

0120-69-5090

携帯電話からご利用のお客様 03-6671-8080