マルチ電子マネー端末レンタルサービス

業界唯一最短日からレンタル可能な電子マネー端末。これひとつで、交通系・小売系さまざまな電子マネー決済が可能になります。

ヤマトフィナンシャルのマルチ電子マネー端末レンタルサービス

電子マネー決済端末の導入メリット

2014年度でイベント会場内での来場者消費額は3兆8,374億円と5年前と比較して1.5倍と年々増大し、2020年のオリンピック・訪日外国人の増加とあわせますます市場が拡大されることが見込まれています。イベント成功の大きなポイントとして、『入場がスムーズ』か『入場後の買い物がストレスなく出来たか』があります。来場者の熱を冷ますことなく、スムーズに入場・購入をしていただくことにより、来場数と物販売上の拡大が見込めます。さらに『スムーズなイベントであった』という評価は、イベント継続において最も重要なポイントです。

常設店頭型をご検討の方はコチラをご覧ください。

ヤマトフィナンシャルのマルチ電子マネー端末4つの特長

Point1 最短7日間レンタル可能

様々な規模のイベントで気軽に使っていただきたいという想いから、業界で唯一『レンタル』の電子マネー端末をご提供しています。7日間と1ヶ月間からご選択いただけますので、イベントの種類に合わせてお申込ください。

ご利用スケジュールに合わせて週単位・月単位のレンタルが可能です

ご利用には所定の審査がございます。お申込の流れはコチラ

Point2 初期費用0円で導入しやすい料金プラン

マルチ電子マネー端末レンタルサービスのご利用料金はレンタル期間を7日間または1ヶ月間から選んでいただくことが出来ます。かかる料金は、端末のレンタル費用と商品代金にかかる決済手数料だけのシンプルな料金設定となっております。

サービスの料金表

レンタル期間 7日間コース 1ヶ月コース
初期費用 ずっと、0円
決済手数料 4.0%
端末レンタル費用
(2台目以降)
5,000円/台
(3,500円/台)
8,000円/台
(6,000円/台)

※上記は全て税別となります。

入金タイプ

選べる入金タイプ 締日 入金日
週締め 金曜日締め 翌週の水曜日払い
月1回締め 月末締め 翌月8日振り込み

マルチ電子マネー端末レンタルサービスをご利用いただいた時のご精算例

例)決済金額3,000円のお取引が500件の場合

売上金額 1,500,000円
手数料 60,000円
端末レンタル費用(1台) 5,000円
入金額 1,435,000円

※別途消費税、銀行振込手数料、運賃がかかります。

Point3 お申込後もラクラク運用

事業者様の作業は3ステップ。ご指定された期日・場所へ必要なツールをまとめて配送いたします。イベント終了後はツールを元の箱に入れていただき、返却用伝票を貼り付けていただくだけなので搬入・搬出時の煩わしさはございません。

お申し込み後もラクラク運用

お申込方法はコチラ

Point4 決済代行から通販の総合提案までお任せください

①信頼の提供実績30年

ヤマトフィナンシャルは通販事業の黎明期より、様々な業種の事業者様の通販事業立ち上げ・決済サービスのご導入を支援してまいりました。その中で培った知識・ノウハウを活かして「継続できる通販事業」のご提案をしております。

②導入実績のべ65万店舗以上

事業の大小問わず、様々な通販事業者様に導入いただいております。
多くの事例がございますので、1社1社の商材や事業計画にそった決済サービスのご提案が可能です。

③全国250名以上の営業/サポート体制

北海道から沖縄まで全国70の支店があり、地域に根差した担当者が通販事業者様のサポートをさせていただいております。
お申込みいただいた後も、メール・電話・直接訪問でアフターフォローの体制を整えています。

④通販事業全体の提案もいたします

ヤマトグループは、ECサイト構築から運用、WEB広告支援、配送、在庫管理まで通販のトータルサポートが可能です。決済代行に関するご不明点はもちろん、通販に関する疑問はお気軽にお問合せください。